購入レポ

【常滑競艇場その1】記念すべきブログ初戦は勝てるのか…?!

こんにちはー。

『競艇5点買い』のゴトーです!

今日(2020年9月1日)は、常滑競艇場の第8R「G2モーターボート大賞」で勝負しました。

その時の様子を、

  • 競艇公式サイトでリサーチ
  • 常滑競艇場サイトでリサーチ
  • 展開予想からの舟券購入
  • 実際のレースリプレイ

という流れで舟券購入レポしていきます。

当たった外れたという結果だけじゃなく、私がどんな感じで予想してるかも参考になれば嬉しいです。

ゴトー
ゴトー
では、見ていきましょー!

競艇公式サイトでリサーチ

予想をするときは、まずは競艇公式サイトでリサーチします。

  • 出走表
  • 直前情報
  • ピットレポート

などを見て、なにか1つの予想材料に頼るのではなく、多くの予想材料をバランスよく見るようにしましょう。

また、一番来そうな展開だけじゃなく、もしかしたらこういう展開もあるかな、といったサブのシナリオも予想することが大切です。

【競艇公式サイト】出走表を見る!

出走表では、【実力】【ペナルティ】【モーター】【今節成績】などを見ながら、どの選手が期待できそうかを調べましょう。

【実力】
階級や勝率を見るに、1号艇の藤山選手、3号艇の佐藤選手、4号艇の小野選手に期待できる。

【ペナルティ】
3号艇の佐藤選手がフライング(F)持ちなので、思い切ったスタートをしづらい。
6号艇の杉田選手が出遅れ(L)持ちなので、思い切ったスタートをしづらい。

【モーター】
常滑のモーター交換時期は12月なので、9月現在ならモーターに関する数値も参考になる。
モーター2連率を見るに、4号艇の小野選手と5号艇の前田選手が良さそう。

【今節成績】
3号艇の佐藤選手が1号艇を取りながら2着という結果になっており、モーター調整やスタートタイミングをうまく出来ていない可能性あり。

こういう感じで、出走表を4つの観点で見ていきます。

難水面の競艇場なら、支部などを見てその競艇場に慣れているかを判断するのも有効ですが、常滑競艇場ならそこまで見なくてもいいかなと思います。

出走表の情報を整理すると、

  • 1号艇の藤山選手が本命
  • 4号艇の小野選手も展開次第でチャンスあり
  • 3号艇の佐藤選手も実力はあるが調子はイマイチか

といった印象ですね。

【競艇公式サイト】直前情報を見る!

直前情報では、【展示タイム】【部品交換】【スタート展示】【天気・風・波】などを見ながら、どの選手が期待できそうかを調べましょう。

【展示タイム】
1号艇の藤山選手や2号艇の山崎選手に期待できる。
逆に、5号艇の前田選手や6号艇の杉田選手はモーター性能が悪そうな印象。

【部品交換】
1号艇の藤山選手がピストンリングを交換している。
モーターも本調子ではなさそうという印象。

【スタート展示】
2号艇の山崎選手や4号艇の小野選手はタイミングを掴めている印象。
3号艇の佐藤選手は、フライング持ちということもあり、スタートも慎重な印象。

【天気・風・波】
曇りはレースに影響なし。
追い風4mが左後方から吹いているのは、1号艇に有利。
波高3cmはレースに影響なし。

直前情報の情報を整理すると、

  • 1号艇の藤山選手が本命なのは間違いない
  • 3号艇の佐藤選手は厳しいかも
  • 2号艇の山崎選手と4号艇の小野選手はスタートタイミング良さそう
  • オッズがつくなら2号艇の山崎選手や4号艇の小野選手にも注目

という感じですね。

【競艇公式サイト】ピットレポートを見る!

ピットレポートについては、G2以上の大きなレースであれば、競艇公式サイトからもチェックできます。

このように、「大きなレースはピットレポートを見れる」というのも、競艇で稼ぐための豆知識ですね。

とはいえ、今回のピットレポートは収穫なしでした。

どの選手も「悪くはないがまだこれから調整が必要」という感じで、選手コメントの内容にあまり差がなかったので、ここは予想材料から外しましょう。

今回は節の初日でしたが、2日目以降になればピットレポートの情報も充実してくるので、今日のところはスルーで明日以降にまた見たいと思います。

 

常滑競艇場サイトでリサーチ

競艇場の公式サイトは、競艇場ごとに載っている情報が違うので、リサーチできる予想材料も変わってきます。

ちなみに、常滑競艇場サイトでは、「一周タイム」「まわり足タイム」「直線タイム」のオリジナル展示データを見ることができます。

常滑競艇場は、第1マークとホームの間が狭くて好スタートを切った艇がそのまま1着をとりやすい競艇場なので、スタート成功率と関わる「直線タイム」は必ず見るようにしましょう。

 

…と書いておきつつ、大変申し訳ないのですが、常滑競艇場公式での本レースのオリジナルデータ画像をキャプチャし忘れておりました(汗)

ゴトー
ゴトー
申し訳ないです…

常滑競艇場は夜になると画面が切り替わるようで、いま見ると明日(9/2)の情報が表示されており、本日のお昼頃の該当レースの情報は見れなくなっていました。

画像キャプチャを忘れてしまって申し訳ないのですが、昼に見たときには、

  • 一周タイムやまわり足タイムは1号艇の藤山選手と2号艇の山崎選手が良く、総合的なモーター性能やターンに期待できる。
  • 直線タイムは4号艇の小野選手が良く、ダッシュということもあり、トップスタートに期待できる。

というオリジナル展示データだったと記憶しています。

わかりやすいブログにするためにも、次からは展示データを調べるよう気をつけます!

 

展開予想からの舟券購入

ここまでの情報を踏まえると、5号艇や6号艇の活躍は期待しづらく、3号艇もよくて2着と考えるのが自然です。

そうすると、展開予想は次の3つになりますね。

【基本の展開】
1号艇の藤山選手がイン逃げで1着。
2号艇〜4号艇が2着3着に入る。

【その他の展開1】
2号艇の山崎選手が差しを決めて1着。
1号艇、3号艇、4号艇が2着3着に入る。

【その他の展開2】
3号艇の佐藤選手が凹んだところに、4号艇の小野選手が好スタートで絞めまくりを決めて1着。
1号艇が2着をとる可能性が高く、2号艇や3号艇が2着をとることもありうる。

 

私は、このように展開を何パターンか想定するようにしています。

その上で、コース別成績を見たり、直前オッズを見たりしながら、最終的な買い目を決めていく感じです。

「当たりそうな買い目を買う(的中率重視)」だけだと稼げなくて、「オッズがつく買い目を買う(配当重視)」だけでも稼げないのが、競艇の難しいところですよね。

なので、いくつかの展開を想定しつつ、「当たりやすくオッズもつく買い目を買う(回収率重視)」を意識するようにしています。

コース別成績まで見て展開予想を絞る

ここで、2号艇の山崎選手についてコース別成績を見てみましょう。

画像左下のデータを見るとわかるように、山崎選手は、2コースから1着をとっていることがほとんどなく、2コースを走っても2着止まりであることが分かります。

そうなると、2号艇の山崎選手が1着をとる展開は予想から外して、次の2つの展開に絞られますね。

【基本の展開】
1号艇の藤山選手がイン逃げで1着。
2号艇〜4号艇が2着3着に入る。

【その他の展開】
3号艇の佐藤選手が凹んだところに、4号艇の小野選手が好スタートで絞めまくりを決めて1着。
1号艇が2着をとる可能性が高く、2号艇や3号艇が2着をとることもありうる。

もちろん【基本の展開】のほうが的中率は高くなりますが、【その他の展開】のほうがオッズはつきそうですね。

最後にオッズを見ながら、どちらのほうがより稼げそうかを決定していきましょう!

オッズをみて買い目決定!

的中率重視で、1-234-234の6点買いをするとしたら、オッズは9.5倍〜17.2倍となっています。

もちろん的中率はそこそこ高くなりますが、的中率×オッズ=回収率という面で考えると、オッズが低すぎて回収率は低くなりそうです。

これに対して、もう一つの展開予想で考えていた4号艇1着のケースも買い目を検討していきましょう。

この展開なら、順当に考えて1号艇が2着になりやすく、仮に2号艇や3号艇が2着に来るとしても1号艇が3着に残ることが予想されます。

つまり、4-1-235、4-2-1、4-3-1という5点買いですね。

こちらは1号艇1着の展開に比べると的中率は下がってしまいますが、オッズが47.6倍〜122.5倍とかなり高く、【的中率×オッズ=回収率】も高くなりそうです。

このように考えた上で、4-1-235、4-2-1、4-3-1という5点買いをしました!

展開予想としてはもちろん的中を狙いつつも、的中率だけで買い目を決めてしまうのではなく、オッズも高くつくような買い目を狙うことが大切です。

圧倒的に的中の自信があるときはオッズが低くてもOKですが、今回は1号艇頭とも言い切れなかったので、オッズがつく4号艇頭で買ってみました。

では、レース結果もみていきましょう!

 

実際のレースリプレイ

1号艇の藤山選手と4号艇の小野選手が好スタートですね。

さすがに本命の2人は本番でも力を発揮しています。

ですが、フライング持ちでスタートに悪影響がでると予想した3号艇の佐藤選手が、意外にも良いスタートを切ってしまいました。

これでは、4号艇の小野選手が内側に切り込みづらくなってしまいますね。

第1ターンについては、1号艇の藤山選手が好スタートから邪魔されずに先マイをする展開になりました。

その1号艇を抜くべく、2号艇の山崎選手が差しに行き、3号艇の佐藤選手と4号艇の小野選手がまくり差しを狙っていますね。

第1ターン直後の印象では、1号艇、3号艇、4号艇の誰が抜け出すのか…という感じでしたが、やはり先マイした1号艇がその後は伸びていきました。

4号艇の小野選手も悪くはなかったのですが、スタートから第1ターンで決めれないとなると、内側を走る1号艇に軍配が上がり、そのまま決着となりました。

私は4号艇頭で買っていたので、結果は不的中!

最後の最後まで迷った的中率重視の買い方なら的中していましたが、それでもオッズは9.5倍。

「外してしまったものの、逃した魚は大きくない」ということで良しとします。

全てのレースで当てることは不可能なので、外したとしても自分が納得できる外し方ならOKと考えましょう。

今回のレースについて、動画でみたい方はこちらからチェックしていただけますので、よければぜひ!

>>今日のレースのリプレイ動画

※「過去のレース」ボタンを押せば数日前のレースまで振り返って見ることができます。

まとめ

今回は、記念すべきブログ初戦でした!

ブログ初戦を的中で飾れたら気分は最高だったのですが、現実はそう甘くないですね。

最後の最後まで迷った2つの展開で、不的中の方を買ってしまいました。

ブログ執筆のペースは週3〜4記事で考えているので、今日賭けた常滑G2を今週は追っかけて、記事にしていくつもりです。

分かりやすく役に立つ競艇記事を皆さんに伝えながら、私自身もプラス収支を積み上げていきたいと思います。

ゴトー
ゴトー
今後とも、よろしくお願いします!
これまでの戦績

的中0回、不的中1回(的中率0%)
舟券総額 5,000円
回収総額 0円
トータル収支 -5,000円(回収率0%)